ダイエットは地道にコツコツが1番の近道!

そもそもなぜ太ってしまうのか

太る原因は、消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまうことにあります。消費カロリーとは、体を動かしていなくても勝手に消費してくれる基礎代謝エネルギーと、運動などで体を動かすときに使われるエネルギーのことです。そして摂取カロリーとは、食べ物を食べたときに摂取するカロリーのことです。基礎代謝は人によって個人差はありますが、およそ1200キロカロリーです。筋肉量が多いと基礎代謝は高くなります。そして筋肉量が少なかったり、冷え症などで体温が低いと基礎代謝は低くなります。
同じカロリーを摂取していても太る人と太らない人がいるのは、基礎代謝などを含めた消費カロリーの量に違いがあるからです。したがって、痩せるためには消費カロリーを増やすか、摂取カロリーを減らすかしかありません。

消費カロリーを増やす方法

消費カロリーを増やすためには、無酸素運動をして筋肉をつけて基礎代謝を高くしたり、有酸素運動をしてエネルギーを消費するなどの方法があります。また、血行をよくすることで新陳代謝を高くすることも出来ます。体温が低いと基礎代謝が悪くなるので、体を冷やさないようにすることも大切です。

摂取カロリーを減らす方法

ジャンクフードやスイーツなどはカロリーが高い物が多いです。これらには、脂肪や砂糖がたくさん使われている物が多いためです。味つけが薄い物や、野菜をメインにした料理はカロリーが低いです。摂取カロリーを減らすためには、ジャンクフードやスイーツなどの食べる量や回数を減らし、ヘルシーな料理をメインに食べるとよいです。ヘルシーだからといって、野菜だけを食べていてはバランスが悪いです。脂肪分の少ない肉や魚なども食べましょう。

品川美容外科の起訴まとめサイト